日本の神話を物語として、著者 田中繁男が書き下ろす!日本の神話や万葉集を参考にメルマガも発行します!
古代日本を舞台に、万葉集、日本書紀、古事記を参考に、日本の神話、古代天皇物語を多彩な世界を表現します!

日本の神話

総数今日昨日
  http://www.nippon-shinwa.com (日本の神話)   
トップ 著者プロフィール 管理人プロフィール 万葉集について メルマガ バックナンバー 参考文献 リンク集
古代史天皇著作について 古代天皇シリーズ一覧表 日本書紀年表の構成との対比表 古代史換算表
日本武尊(上下) 仲哀天皇 神功皇后(上下) 応神天皇 仁徳天皇(上下) 履中天皇
日本の神話
大好評!一週間で合計150名の方に読者登録を頂きました!多謝!

バックナンバー

「万 葉 散 歩」

目次へ
V005 額田王 1の4 冬こもり (平成17年02月14日)


額田王 2の1 あかねさす
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━VOL.006━
□■
■    万 葉 散 歩
                                  
    〜 額 田 王 〜                    
                       発行周期:週刊 著者 田中繁男 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


──────────────────────────────
はじめにを見る  ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_1.html

額田王系図を見る ⇒ http://nippon-shinwa.com/manyo_nukata1.html

前回を見る    ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_5.html
──────────────────────────────

 二の一、 あ か ね さ す


 それより二十日ほどが経過した夏五月五日。五月雨(さみだれ。今の梅雨)
 
の晴れ間の一日を、天智天皇は琵琶湖の東岸に広がる蒲生野(がもうの)にお

いて、薬猟(くすりがり)を催した。薬猟は暮春三月三日に行うのが例であっ

たが、推古天皇の二十年(西暦六一二年)より、夏五月五日が習いとなった

ようである。


 薬草摘みをかねて、野に遊ぶのが薬猟であるが、このときの蒲生野での薬
 
猟は、大友皇子と十市皇女との慶祝事の余韻の残る中で行われる形となった。

しかし、その大友皇子と十市皇女の姿は、薬猟の場より、いつの間にか消え

ていた。


 天智天皇や倭姫皇后、大海人皇子や額田王らをはじめ皆は、長雨の間の晴
 
れ間の一日を、午後遅くまで野遊びに興じていた。やがて、陽光が陰(かげ)

り始めた頃、少し早くではあったが、暑いこともあって、皆は早々に夕餐を

かねた小宴の席へと着いた。


 宴が進むにつれて気分も盛り上がってきたものか、天智天皇は傍らに侍る
 
額田王に語りかけた。


「額田・・・・今日の薬猟を顧みて、即興の歌を作って聴かせてみよ」


 十市皇女の生母である額田王は、十市皇女と大友皇子との結婚には渋ると
 
ころがあったが、結局は納得して、積極的に推し進めてくれた天智天皇に、

このところ、感謝の念を強く抱くほどとなっていた。


 とはいえ、やはり相性というものが人間にはあるものか、額田王は、天智
 
天皇よりは大海人(おおあま)皇子に親しい気持ちを、いまだに抱いていた。

それが即興で作った歌にも、意外に強く滲み出ている。


 あかねさす紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや
 君が袖振る


 あかねさすは紫の枕詞で、紫野とは染料ともなる薬草の紫草を栽培してい
 
る野のことで、標野とは大事な薬草などがあるため、禁足地としている野の

ことである。


 君が私の方へ向け袖を振るのを、野守は見たのではありますまいか、紫野
 
や標野を忙しげに行き来しては、何か異常はないかと警戒し、監視している

野守が・・・・という。

 その野守とは誰のことで、袖を振っている君とは誰のことか・・・・野守とは、
 
あるいは、私(天智天皇)のことで・・・・と天智天皇が怪訝(けげん)に思い始

めたとき、そのときであった。朗々たる声量で一首を詠じあげる大海人皇子

の姿が、満座の注目を浴びていた。


 紫の匂へる妹(いも)を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも


 ときに額田王は三十歳ほどとなっていたが、大海人皇子には、いまだ匂い
 
立つばかりの美しさを秘めた乙女そのものに見えていた。

 額田、そなたを私が憎いと思うているのなら、どうして今は他人の妻とな
 
っているそなたを、こんなに恋しく思うことがあろうか、憎いと思うていな

いからこそ、たとえ他人の妻であったとしても、私は恋しく思うのであ

る・・・・という。


 この歌を聞いた天智天皇は、さきの額田王の歌と併せ考えるうち、やにわ
 
に堪忍袋の緒が切れたものか、陰にこもった野太い声音(こわね)で、吐き捨

てるように述べた。


「いましの恋しがる他人妻(ひとづま)が額田のことを指しているのであれば、

もう私に・・・・雌鳥のような額田は無用用。無用ノ用とてない。いましが、い

まだに額田に未練を残し、欲しくて堪らないのなら、くれてやる・・・・。ただ

し、実力で掠(かす)め取れっ」


 天智天皇には初春の即位の祝宴で、額田王が詠んだ春山と秋山とを比べた
 
歌をも想起しては、さらに激昂して、つい天皇らしからぬ罵詈雑言(ばりぞ

うごん)を口にした。そうせざるをえなかったのである。


 この罵倒を耳にした大海人皇子は、今も愛(いと)しく思っている額田王が、
 
満座の前で嗤(わら)いものにされたと思い込み、満面に朱(しゅ)を注(そそ)

いでは勢いよく立ち上がった。


 立ち上がるや、長押(なげし)に懸(か)けてあった大槍を掴(つか)み取って
 
は鞘(さや)を払い、ものもいわずに天皇の面前の床板に、床も抜けよとばか

りの勢いで衝(つ)き立てた。


 その殺気を鋭敏に感じては、咄嗟に身を引いた天智天皇であったが、次の
 
瞬間には背後の太刀を鷲掴(わしづか)みに掴み取り、迎撃の態勢へと入ろう

とした。


 そのときであった。中臣鎌足が身の危険をも顧みず、二人の間に割って入
 
っては執りなしに出た。


「この和やかな席に、何としたことでございますか。すめろき(天皇)も皇

子も、大人げない。たかが額田王の酒席での戯(ざ)れ歌ではありませぬか。

ささっ、ともかくも気を鎮(しず)められませ」


 と鎌足は、大柄な大海人皇子を抱きかかえるようにして、その場より退
 
(しりぞ)いていった。


 それで天智天皇と大海人皇子との間が決定的に修復不能なまでに陥ったか
 
といえば、そうではなかった。鎌足の巧みな執り成しの手前もあってか、そ

こは二人は人物であり、ものの後先(あとさき)を考えぬような粗雑な人柄で

はなかった。


・・・つづく




■□ 編集後記
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 前回で、「冬こもり」が終わりました。歌だけでなく、その時の時代背景
 も織り交ぜながら、物語として、配信させていただいています。
 
 
 万葉集のサイトは他にもたくさんありますが、物語風での解説サイトはな
 かなかないと思いますので、是非これからも、お付き合いの程、宜しくお
 願いいたします。
 
 
 また、このような物語的なメルマガに対して、どのような感想をもたれま
 したか?ちょっとした事で結構ですので、感想を頂ければ、うれしいで 
 す!
 
 
   ▼ ご感想フォームを作成しましたので、よろしければ! ▼   
     
      http://nippon-shinwa.com/tmrmail/tmrmail.cgi
 
 
 メールでの、ご質問・ご感想はこちらまで、manyo@nippon-shinwa.com




■□ メルマガのご紹介
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 最近は、住宅ローン減税制度の延長やローンの低金利化により、マイホー
 ム・分譲マンションを購入される方が多いですね。
 
 しかし、賃貸マンションでも探せば安いところもあります。
 
 特優賃ってご存知ですか?国から家賃を補助してもらえる制度です。
 
 収入や環境によっては、年間80万ぐらい補助がでたりするんですよ!
 
       
       
       ▼ 特優賃って?えっ!そんなにお得なの? ▼
 
         http://www.mag2.com/m/0000147915.htm




■□ ごあいさつ 〜はじめて登録してくださった方へ〜
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメールマガジンは、著者は田中繁男(父)、発行者は田中千瑞禾
 (子)で構成・発行しています。
 
 なぜ、子が父の作品をメルマガにしているのかといいますと、長年にわた
 り日本の歴史・神話について研究してきた父の知識、書物、考え方、経験
 を公表したかったからです。
 
  父は、この「万葉散歩」以外にも現在、執筆の活動をしていますので、
 続々と複数のメルマガを発行中ですので、少しでも興味を持っていただけ
 ましたら、そちらのメルマガも読者登録のほど、宜しくお願いします。

 また、<http://nippon-shinwa.com>にて、著者の出版した書籍も紹介して
 いますので、お立ち寄りください。
 
 著者への質問や感想がございましたら、<manyo@nippon-shinwa.com>まで
 お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

 このメルマガのバックナンバーは「日本の神話」のホームページのバック
 ナンバーですべて公開します。もし、途中から読者登録をしていただいた
 方は、そちらの方で、ご確認ください。
 
 バックナンバーは、こちらまで

 → http://nippon-shinwa.com/back.html


 最後まで、長い文章をお読み頂きまして有難うございました <(_ _)>



■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■    万 葉 散 歩
                                 
    〜 額 田 王 〜                                                   
 VOL.006  発行周期:週刊
 著者 田中繁男  発行者 田中千瑞禾    
 運営サイトは  → http://nippon-shinwa.com/manyo.html
 お問い合わせは → manyo@nippon-shinwa.com
 登録・解除は  → http://www.mag2.com/m/0000147008.htm    
 ◇このマガジンは、「まぐまぐ」で配信しております。      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■



V007 額田王 2の2 あかねさす (平成17年02月25日)
目次へ


「万 葉 散 歩」

日本の神話 TOPへ
   
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
忘れかけていた日本人のこころを呼び覚ます物語を日本の神話として、書き下ろします!
日本書紀・古事記・万葉集を参考しています。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
(マガジンID:0000145851)
メールマガジン登録
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

第二弾!
メルマガ発行決定!
「斬る!時事問題の
トリビア・コラム!」
政治・経済・外交を中心に、ちょっと角度を変えた歴史的視点から、日本の世を斬る!
「へぇ〜」と感じる人も、「残念!?」と感じる人もいるかも(-_-;)。
週刊時事ネタ。
(マガジンID:0000146260)
メールマガジン登録

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

大好評!
メルマガ第三弾!
「万葉集」より、
額田王
柿本人麻呂
大伴家持
メルマガ発行決定!
万葉集で有名な額田王、柿本人麻呂、大伴家持の歌集の謎に迫る!

万葉集
関連の書籍ではかなり出版されているが、
著者の見解により、新しい角度で万葉集を解き、”万葉三代紀”を描いています!

第一弾は、額田王

その後、柿本人麻呂、大伴家持と続きます!
乞うご期待!
(マガジンID:0000147008)

メールマガジン登録
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ
▼古代天皇物語書籍
日本武尊(上下)

仲哀天皇

神功皇后(上下)

応神天皇

仁徳天皇(上下)

履中天皇

トップ 著者プロフィール 管理人プロフィール 万葉集について メルマガ バックナンバー 参考文献 リンク集
古代史天皇著作について 古代天皇シリーズ一覧表 日本書紀年表の構成との対比表 古代史換算表
日本武尊(上下) 仲哀天皇 神功皇后(上下) 応神天皇 仁徳天皇(上下) 履中天皇
Copyright (c) 2004 千のWEB工房 All rights reserved.