日本の神話を物語として、著者 田中繁男が書き下ろす!日本の神話や万葉集を参考にメルマガも発行します!
古代日本を舞台に、万葉集、日本書紀、古事記を参考に、日本の神話、古代天皇物語を多彩な世界を表現します!

日本の神話

総数今日昨日
  http://www.nippon-shinwa.com (日本の神話)   
トップ 著者プロフィール 管理人プロフィール 万葉集について メルマガ バックナンバー 参考文献 リンク集
古代史天皇著作について 古代天皇シリーズ一覧表 日本書紀年表の構成との対比表 古代史換算表
日本武尊(上下) 仲哀天皇 神功皇后(上下) 応神天皇 仁徳天皇(上下) 履中天皇
日本の神話
大好評!まぐまぐで新作メルマガ6位に選ばれました!多謝!

バックナンバー

「万 葉 散 歩」

目次へ
V012 額田王 3の3 君待つと (平成17年04月02日)


額田王 3の4 君待つと
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━VOL.013━
□■
■    万 葉 散 歩
                                  
    〜 額 田 王 〜                    
                発行周期:週刊 著者 田中繁男  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

--[PR]--------------------------------------------------------
テレビで驚きの食材発見!紫ウコンとも言われるガジュツでダイエット!
【10日でウエスト7cm減!?】 ⇒  http://1cen.net/nrg.html 
--------------------------------------------------------------

────────────────────────────────
はじめにを見る  ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_1.html

額田王系図を見る ⇒ http://nippon-shinwa.com/manyo_nukata1.html

前回を見る    ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_12.html

ブログでみる   ⇒ http://1cen.net/mb.html
────────────────────────────────

 三の四、 君 待 つ と


 そんな大事な話を噂で聞いた天智天皇は、久しぶりに額田王を訪ねては、

親しく話を聞いて見たいと考えた。しかし、新羅へ使いを遣る準備で繁忙を

きわめていた天智天皇に、亀の甲羅の字など詮索の、悠長な判じ物遊びにか

かわっている余裕はなかった。


 それで額田王訪問は、一日延ばしに延び、一時はどうなることかと思えた

が、万障繰り合せた結果、ようやく秋八月十五夜の夕刻に訪問ということと

なった。が、それも結局は、ドタキャンに終ったようである。


 その八月十五日の午後も遅い頃、天皇の訪問を待つ額田王を、不意に訪ね

た人があった。ほかならぬ姉の鏡王女である。


「夢見る乙女のように・・・・何をぼんやりした顔をしているのですか」


 妹の額田王の顔を見るなり、しっかり者の姉の鏡王女は尋ねた。


「今宵、八月十五夜の名月を愛(め)でに、すめろきには宵闇せまる頃・・・・お

出ましになるのです」


「それは羨ましい限り。私の夫君の鎌足さまは、私を訪ねようにも、訪ねて

くることは最早できません。すでに、この世にはおられないのですか

ら・・・・」


 と、しみじみと姉は語ったが、そんな姉の話に触発されもしたのか、額田

王は頬を撫でる秋風に誘われるまま一首の歌を詠んだ。



 君待つとわが恋ひをればわが屋戸(やど)の簾(すだれ)動かし秋の風吹く 

 488


 君待つと・・・・の君とは、いうまでもなく天智天皇のことで、こうして久し

ぶりに天皇の訪れるのを心待ちに待っていますと、天皇ではなくて、その先

駆けのような恰好で、一足先に一陣の秋風が簾を動かしながら、私の宿を吹

き抜けていきました・・・・という。


 しかし、この歌には、期待と共に不安の影も濃くさしていて、それは、果

たして天皇には、予定通り確実に来てくれるのであろうか、それとも、また

今度も所用か何かができて、前触れの秋風の訪れだけで終ってしまい、結局、

天皇自身は来られないのではないか・・・・というようなことであった。


 この妹の歌を聞いた姉の鏡王女は、瞬時にして、妹の胸のうちに満ちてき

つつある不安と戦(おのの)きとを察知した。同時に、不安に苛(さいな)まさ

れていく妹に愛しさを感じては、妹を慰めるべく、一首の歌を詠んだ。



 風をだに恋ふるは羨(とも)し風をだに来(こ)むとし待たば何か嘆かむ 
 
 489

 吹き抜けていく秋風にも、天皇御来訪の前触れを感じ取れるとは羨まし

い・・・・今日は秋風の代理だけで終ったとしても、いつかは必ずや天皇には足

を運ばれるに違いない・・・・それに引き換え、私には秋風も代理とはならな

い・・・・代るべき当の鎌足さまは、最早いないのであるから・・・・という。哀愁

切々たる一首となっている。


 秋九月。新羅への使いが発った。当時の新羅は、唐との間の蜜月の時期を

終えようとしていた。というのも、二年前に、いったんは滅びた高句麗の再

興を、新羅は密かに支援していたからであった。


 それで新羅と唐の両軍は、方々で小競(こぜ)り合いを繰り返していたが、

祖国再興を計る高句麗の遺臣の巧みな暗躍も絡んでは、三者三つ巴(どもえ)

の様相を呈していた。この九月の新羅への遣使も、そんな情勢を実際に見聞

するためであったのでもあろう。



・・・つづく


★ブログでもバックナンバーを公開してます!
http://1cen.net/mb.html 

★ランキングサイトには、ほかにも面白い歴史サイトがあります(^^)
http://blog.with2.net/link.php/40892



■□ 編集後記
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
突然ですが、【無料プレゼント】を4月中旬に実施いたします!
                    ^^^^^^^^

4月に入り、ホームページも、のべ30,000人の方に訪問していただき、
そして、メルマガも3誌発行しているのですが、あわせて、4800部ほど
になります。


これも読者のみなさまのおかげです。ありがとうございます。


その感謝の気持ちをこめて、【無料プレゼント】をさせていただきます!


前回も実は、「日本の神話」というメルマガで、田中繁男著の書籍を抽選で
20名様に無料プレゼント(送料込)をさせていただきました。そのときの
反響も良かったので、今回は第2弾として、


  ■ 「一九九九年の式年祭」 著者 田中繁男

  西暦399年・仁徳天皇崩。
  日本書紀をもとに、仁徳天皇の皇后・磐之媛の、悲しくも美しい
  数奇な生涯の中に秘められた歴史の真実に迫る。
  また付録として、応神天皇・仁徳天皇の即位年や、日本書紀編纂者
  の諧謔性についても検証する。


を無料プレゼントいたします。

このメルマガを楽しく読んでいただける読者の方なら、満足していただける
書籍だと思っています。


4月中旬ですので、次のメルマガでは、応募ができますので、是非、ホーム
ページでご応募くださいね!お待ちしております。


   
 「はじめに」はこちら
 ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_1.html
   
 「一の一 冬こもり」はこちら  
 ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_2.html 
 
 「二の一 あかねさす」はこちら
 ⇒ http://nippon-shinwa.com/bmanyo_6.html

 「額田王 系図」はこちら
 ⇒ http://nippon-shinwa.com/manyo_nukata1.html

 
 メールでの、ご質問・ご感想はこちらまで、manyo@nippon-shinwa.com


--[PR]--------------------------------------------------------
テレビで驚きの食材発見!紫ウコンとも言われるガジュツでダイエット!
【10日でウエスト7cm減!?】 ⇒  http://1cen.net/nrg.html 
--------------------------------------------------------------



■□ メルマガのご紹介
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン関連のホテル特集です!
 
 できるだけ、少ない予算で、いいホテルに宿泊するなら・・・
        
       
       ▼ 高級ホテル・旅館に安く泊まろう! ▼
 
     ブログ :http://1cen.net/dh0.html
       
     メルマガ:http://1cen.net/dhm.html
 
           知っててお得なこと!
 
          知らなかったら絶対損をする!
 
      高級ホテルに安く泊まれる、格安情報発信基地!
 
       普通にホテルを予約すると損ですよ〜!(^^)




■□ ごあいさつ 〜はじめて登録してくださった方へ〜
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメールマガジンは、著者は田中繁男(父)、発行者は田中千瑞禾
 (子)で構成・発行しています。
 
 このメルマガ「万葉散歩」は、万葉集で有名な、額田王、柿本人麻呂、大
 伴家持の歌集の謎に迫ります!

 万葉集関連の書籍はかなり出版されていますが、著者の見解により、新し
 い角度で万葉集を解き、物語風に”万葉三代紀”を描いています!


 第一弾は、額田王!その後、柿本人麻呂、大伴家持と続きます!  
  
 
 なぜ、子が父の作品をメルマガにしているのかといいますと、長年にわた
 り日本の歴史・神話について研究してきた父の知識、書物、考え方、経験
 を公表したかったからです。
 
  父は、この「万葉散歩」以外にも現在、執筆の活動をしていますので、
 続々と複数のメルマガを発行中ですので、少しでも興味を持っていただけ
 ましたら、そちらのメルマガも読者登録のほど、宜しくお願いします。

 また、<http://nippon-shinwa.com>にて、著者の出版した書籍も紹介して
 いますので、お立ち寄りください。
 
 著者への質問や感想がございましたら、<manyo@nippon-shinwa.com>まで
 お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

 このメルマガのバックナンバーは「日本の神話」のホームページのバック
 ナンバーですべて公開します。もし、途中から読者登録をしていただいた
 方は、そちらの方で、ご確認ください。
 
 バックナンバーは、こちらまで

 → http://nippon-shinwa.com/back.html


 最後まで、長い文章をお読み頂きまして有難うございました <(_ _)>



■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■    万 葉 散 歩
                                 
    〜 額 田 王 〜                                                   
 VOL.013  発行周期:週刊
 著者 田中繁男  発行者 田中千瑞禾    
 運営サイトは  → http://nippon-shinwa.com/manyo.html
 お問い合わせは → manyo@nippon-shinwa.com
 登録・解除は  → http://www.mag2.com/m/0000147008.htm    
 ◇このマガジンは、「まぐまぐ」で配信しております。      
                                
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
    Copyright(c)2005 千のWEB工房  All rights reserved

━━ □超高確率!その場でアタル!□ ━━━━━━━━━━━━━

       その場でアタリがわかる、元祖スロット懸賞!

 「 iPod shuffle が必ず入る豪華福袋 」がその場でアタル! new!
      http://www.ataru777.jp/tp/c.php?a=110&m=917

 「 グッチ腕時計 1900 ブラック SS クォーツ」がその場でアタル!
      http://www.ataru777.jp/tp/c.php?a=106&m=917

────────────────────────────────
■参加メルマガ募集中 
 読者増加のタイアップなのに もれなく報酬もゲット!

     click ->>> http://www.ataru777.jp/tp/?aff_id=917
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(c)2005 千のWEB工房  All rights reserved


V014 額田王 4の1 やすみしし (平成17年04月16日)
目次へ


「万 葉 散 歩」

日本の神話 TOPへ
   
サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
忘れかけていた日本人のこころを呼び覚ます物語を日本の神話として、書き下ろします!
日本書紀・古事記・万葉集を参考しています。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
(マガジンID:0000145851)
メールマガジン登録
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

第二弾!
メルマガ発行決定!
「斬る!時事問題の
トリビア・コラム!」
政治・経済・外交を中心に、ちょっと角度を変えた歴史的視点から、日本の世を斬る!
「へぇ〜」と感じる人も、「残念!?」と感じる人もいるかも(-_-;)。
週刊時事ネタ。
(マガジンID:0000146260)
メールマガジン登録

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

大好評!
メルマガ第三弾!
「万葉集」より、
額田王
柿本人麻呂
大伴家持
メルマガ発行決定!
万葉集で有名な額田王、柿本人麻呂、大伴家持の歌集の謎に迫る!

万葉集
関連の書籍ではかなり出版されているが、
著者の見解により、新しい角度で万葉集を解き、”万葉三代紀”を描いています!

第一弾は、額田王

その後、柿本人麻呂、大伴家持と続きます!
乞うご期待!
(マガジンID:0000147008)

メールマガジン登録
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ
▼古代天皇物語書籍
日本武尊(上下)

仲哀天皇

神功皇后(上下)

応神天皇

仁徳天皇(上下)

履中天皇

トップ 著者プロフィール 管理人プロフィール 万葉集について メルマガ バックナンバー 参考文献 リンク集
古代史天皇著作について 古代天皇シリーズ一覧表 日本書紀年表の構成との対比表 古代史換算表
日本武尊(上下) 仲哀天皇 神功皇后(上下) 応神天皇 仁徳天皇(上下) 履中天皇
Copyright (c) 2004 千のWEB工房 All rights reserved.